HOME > よくある質問

よくある質問

Q1 不妊鍼灸治療は、何歳ごろ始めれば良いですか?

A.
一般的に30歳を過ぎると妊娠率は低下を始め、35歳を過ぎると低下が著しくなります。
45歳を過ぎると顕微授精を行ってもほとんどの場合妊娠は難しいと考えられています。 結婚後1年経っても妊娠が見られない場合は、早めに不妊治療を考えた方が良いとされています。

Q2 病院の不妊治療を受けながら可能ですか?

A.
SSKCの不妊鍼灸治療は育卵・排卵・受精・着床・妊娠の過程を現代医学的に考察します。 病院での不妊治療と矛盾が生じるとこがありません。
むしろ病院での必要な検査データは、SSKC不妊鍼灸治療にとっても重要な情報となります。
病院に通院しながらでも安心して不妊鍼灸治療を受けてください。

Q3 女性スタッフはいますか?

A.
医療現場でのセクシャルハラスメントは絶対あってはなりません。 SSKCの不妊鍼灸治療は産科婦人科の基礎知識を基礎にしていますので、専門知識を持った院長が担当しますが、複数の女性スタッフがアシスタントをしています。

Q4 通院頻度はどれくらいですか?

A.
症状と不妊治療のステージや段階にもよりますが、理想的には2回/週の治療お勧めします。ご本人の事情により1回/週の場合もあります。

Q5 保険はききますか?

A.
鍼灸治療の保険(療養費)の対象は、慢性疼痛です。従って保険申請はできません。 接骨院を併設している治療院によっては保険診療を行っているようですが、傷病名を偽って不正な保険申請をしていることになり違反行為です。 病院での不妊治療が実費診療であるように不妊鍼灸治療も実費施術が原則です。

Q7 鍼は衛生的ですか?

A.
SSKCではすべて使い捨て鍼(ディスポ鍼)をしようして、使い回しはありません。

Q8 どんな不妊症でも治療できますか?

A.
不妊鍼灸治療は科学的根拠の下に施術されます。魔術や呪術ではありません。 不妊の原因によって鍼灸治療では妊娠が望めない場合もあります。そのような場合は、 病院での原因治療をお勧めすることがあります。 一度来院してご相談ください。
 
   その他  JISRAM不妊鍼灸Q&A  ※SSKCはJISRASM会員です。

▲ページトップに戻る


inserted by FC2 system